協議会についてaboutus

南城市生涯現役促進協議会とは?

厚生労働省「生涯現役促進地域連携事業」を受託し、令話元年5月より活動を開始し、高年齢者の雇用・就労促進による地域活性化に取り組む団体です。
南城市の現在の人口は43,826人(平静30年度)となっており、平成17年(合併前の国勢調査)より、2,365人増加しており増加傾向にありますが、生産年齢人口は減少する一方、65歳以上の高年齢者人口は年々増加しています。それにより介護サービス分野や観光分野における人手不足が顕著となっています。
当協議会では、豊かな経験・知識をもつ高年齢者の力を活用し、就業による高年齢者の社会活動への貢献と人手不足の解消による地元企業の活性化を目標に掲げ、高年齢者の雇用・就業促進する取り組みを行っていきます。

厚生労働省「生涯現役促進地域連携事業」

https://www.mhlw.go.jp/content/11703000/000492897.pdf

協議会会員